ローボルトシリーズ屋内

施工上のご注意

INDEXへ
 
1.施工

●設置工事には、電気工事士の資格が必要です。一般の方の電気工事は、法律で禁止されています。

●連結用器具で電源送りをしない場合は、必ず、オプションの終端コネクタで封止してください。

2.改造、目的外使用の禁止

●器具の改造、部品の追加・交換はしないでください。故障の原因となるほか感電や火災のおそれがあります。掲載製品は照明用です。

●付属またはオプションの部材は、掲載製品点灯用のためのものです。目的以外には使えません。

3.防水仕様の区分け

●屋内防水仕様の製品は、機械的強度や暴風対応等が十分ではありませんので、屋外では使えません。

●保護等級(IP)については、防湿関連ページをご覧ください。

4.電源、調光

●掲載製品には、24V 直流用と100V / 200V 交流用があります。適切な電源に接続してください。

●電源電圧が変動したり、波形ひずみがありますとちらつきなどが生じることがあります。

●うなり音対策を施していますが、調光動作時に場所によってはうなり音が気になることがあります。取付場所によっては、事前にご確認ください。

●調光については、調光関連ページをご覧ください。

5.器具連結長・電源線亘長

●器具の連結長・電源線亘長が長い場合は、末端の光度低下に注意が必要です。設置上、電気的開始側と終端側が隣り合わないように配置してください。

6.水中設置の禁止

●屋外防水仕様製品は、各々の仕様に従って、一時的に水没したり雨水等が器具内側に滞留しないような配慮をしてください。水中設置はできません。

7.高所設置

●高所設置では特に締結方法やその耐久性に配慮してください。また、締結部品の緩みやがたつきを確認してください。

●低所設置の場合も、直下を人が通る場合などは特に、設置構造物の材質に見合った適切な方法で設置してください。

8.雷サージ

●雷の発生が多い地域で特に屋外設置の場合、落雷によるサージ電圧で、LED素子が損傷を受けることが稀にあります。

●低電圧の場合は直流電源の二次側に、100 / 200V の場合は分岐回路二次側に、サージ吸収フィルタを設けて損傷を防止できる可能性があります。

9.狭隘場所への設置

●狭いところへ設置された場合には、設計値以上にLED 及び電源回路部品の温度が上がり、期待した寿命期間を満足しない事があります。本カタログ記載のLED寿命は設計値であり保証するものではありません。

10.退色

●LEDは紫外線を殆ど含まない光源のため、一般的に被照射物の退色は少ないと思われますが、可視光線でも退色する被照射物がありますので、その場合は低い色温度の採用、被照射物との距離・光度に配慮をお願いします。

11.環境

●直射日光、急激な温度変化、高温高湿、海上・海岸、腐食性ガス、温泉地等、振動が多い、以上の環境下での点灯は、故障または寿命を縮める可能性があります。

12.自主点検

●安全のため、一年に一回の点検をお奨めします。自主点検ができない場合などやむを得ない場合は、電気工事店など専門業者に定常点検を依頼する方法で、維持管理に配慮をお願いします。

13.異音

●取付具を斜めに止めたり、指定以外のビスで固定したり、金属板等に直に固定した場合、点灯後、異音がすることがありますのでご注意ください。

 

この頁のTOPへ